むくみの原因は体質や生活習慣?実は病気のサインかも…!

厄介なむくみの原因は一体何なのでしょう。
実は水分の摂りすぎだけがむくみを引き起こすのではなく、様々なきっかけが挙げられます。

意外と身近にあるむくみの原因をご覧ください。

むくみの正体は体内の水分

手足や顔のむくみは特に珍しいものではありません。
お酒を飲みすぎてしまった翌朝などは特にむくみやすいものですよね。

このむくみの正体は体内の水分です。
体の水分分布図
私たち人間の体の60%は水分でできていて、細胞内液と細胞外液(血漿や組織間液)が常に循環しています。
特に細胞外液は細胞に必要な水分や栄養を届けたり、老廃物などを細胞の外へ運搬したりする大切な存在です。

水分量のバランスは体の調子を保つ上で大切なのですが、様々な要因でバランスが崩れてしまうと、むくみや脱水といった症状が起こります。

組織間液量の増加がむくみを引き起こす

むくみのメカニズム
組織間液は細胞を満たしている水分で、細胞内と血管内を行き来しています。

血管外にしみ出した水分は細胞に酸素や栄養を届け、老廃物を運搬するため再び血管に吸収されます。
血管から押し出される水分と吸収される水分のバランスは一定です。

しかし水分を押し出す圧力が強すぎてしまうと、組織間液量の増加に繋がってしまいます

本来であれば血管に吸収されるはずの組織間液が増えることで、皮膚内に水分が溜まり、むくみとなるのです。

むくみが起きる原因は様々!

むくみの正体である水分(組織間液)が増える原因はたくさんあります。
一般的には「水分の摂りすぎ」がむくみを引き起こすと考えられていますが、他にも様々な要因が考えられるのです。

意外と身近にあるむくみの原因について確認してみましょう。

デスクワークや立ち仕事

長時間ずっと同じ体勢のまま過ごすと、血管やリンパが圧迫され、水分の再吸収が行われずむくみが生じやすくなります。
デスクワーカーがむくみやすいのはこれが原因です。

飛行機も同様に、長時間狭い座席に座ったままでいることと、気圧の変化がきっかけとなりむくみやすくなります。

営業の外回りなどの立ち仕事の場合、重力によって下半身に水分が溜まりやすいことから、脚がむくんでしまうことがあります。

筋肉量の少なさ

筋肉は体を動かすだけでなく、血管を圧迫して血液を循環させる役割も担っています。
手足の末端などは心臓から遠く、血行不良を起こしがち。しかし筋肉のポンプ作用によって血液がしっかり流れるのです。

筋肉量が少ないとポンプ作用が上手く働かず、血流が滞りむくみやすくなります
女性がむくみやすい原因は、男性に比べて筋肉量が少なく、血行不良を起こしやすいことです。

女性のホルモンバランス

女性は月経などでホルモンバランスが乱れやすく、体調に様々な変化がもたらされます。

ホルモンバランスが乱れると自律神経にも影響が。
自律神経は体の機能を調整する器官なのですが、バランスが崩れると血管の収縮や拡張を制御する機能が低下し、血行不良が起きやすくなります。

女性は筋肉量が少ないことに加え、こうしたホルモンバランスの乱れを起こしやすいため、冷え性やむくみに悩まされる可能性が高いのです。

水分不足

むくみは体内の水分がうまく循環せず、偏ってしまうことで起こるもの。そのため水分が少なければ起こらない症状だと思われがちです。

しかし水分が不足することでむくみを引き起こすこともあります。

体内の水分量が減ると、脳は体に必要な水分を溜め込む司令を出します。
すると組織間液が増えてむくんでしまうのです。

病気によるむくみは放置厳禁!

病気によるむくみの改善は大切
病気の中には、発症のサインとしてむくみを起こすものがあります。
むくみは比較的誰にでも起こりますが、病気が原因だった場合はすぐに適切な治療を受けなければいけません。

【むくみと関係する病気一覧】

心不全
└心臓のポンプ作用が低下して血行不良を起こし、むくみが生じる

腎機能障害(腎不全など)
└腎臓は血液をろ過して尿を作る器官で、この機能が低下すると尿が作り出せず水分が溜まってしまう

肝機能障害(肝硬変など)
└肝臓でアルブミン(血中の水分を保つタンパク質)が合成されなくなると、血管から水分が滲み出てしまう

栄養失調
└栄養が不足すると血液中のアルブミンが減少し、血中の水分が血管外にしみ出してしまう

リンパ浮腫
└外科手術などでリンパを除去、または損傷すると、水分の再吸収が行われずむくみが生じる

むくみが長期間続くなど、利尿剤などでケアしてもなかなか改善されない場合には、症状を放置せずにすぐ病院を受診するようにしましょう。

医薬品の副作用でむくむこともある

モルヒネや抗がん剤、非ステロイド性抗炎症薬など、医薬品の副作用によってむくみが起こるケースも珍しくありません。
これらは医薬品との相性も関わってくるため、医師の指示に従って適切に服用していれば問題はないでしょう。