むくみ解消にラシックス。通販で買えなくなったってホント?

ラシックス通販の代わり
手や脚、顔などのむくみに効くラシックス
利尿作用によって余分な水分を排出させる医薬品です。

女性の間ではダイエットに良い薬として人気があり、通販購入する人も増えていました。

しかし現在では規制の対象となり、通販購入できなくなっています。

このサイトでは、

✔ラシックスの効果や副作用
✔ラシックスに代わるおすすめの利尿剤
✔むくみの原因や対策法

など、むくみ改善に関する情報をまとめてお届けしています。

ラシックスが買えなくなって困っている方、またはむくみに悩んでいる方はぜひご覧ください。

ラシックスってどういう薬?

ラシックスは、ドイツの製薬メーカーであるヘキスト社(現サノフィ社)によって開発された利尿剤です。
1965年には日本でもフロセミド錠という名で販売されるようになりました。

主に病気によるむくみを改善する薬として処方され、現在でも多くの病院で扱われています。

ラシックスには降圧作用(血圧を下げる作用)もあり、高血圧患者に処方されることもあります。

▶ラシックスの詳しい効果についてはコチラ

ダイエット目的で飲む女性が激増

本来は病気が原因で生じるむくみを改善するための薬ですが、ダイエット目的でラシックスを服用する女性が増えました。

利尿作用があるお茶やサプリメントなども人気がありますが、医薬品であるラシックスの利尿作用はより強力で、短時間で効果が現れるという特徴を持っています。

ラシックス通販が禁止に。その理由は?

2019年1月より、フロセミド(ラシックス)が個人輸入の規制対象になりました。
現在では病院で処方される場合を除いて購入できない状況になっています。

規制の背景にはラシックスの乱用があります。

利尿剤は処方箋が必要な医薬品ですが、個人輸入の場合は医師の診断は不要。つまり誰でもラシックスを買えてしまいます。
ダイエット目的でラシックスを服用し、その作用に依存してしまうケースが問題視されるようになったのです。

医薬品である以上は副作用が避けられません。服用方法を無視することで起こるリスクは大きいと言えます。

▶ラシックスの詳しい副作用についてはコチラ

ラシックスの代わりになる薬があった!

規制対象となってしまったラシックスですが、現在でも病院で処方されています。

ただし医師の診察を受け、服用の必要があると診断されなければ手に入りません。
ダイエットのために処方してくれる病院はまずないでしょう。

しかし通販(個人輸入)で買える利尿剤はまだあります!
おすすめはルプラック・ジェネリックです。

ラシックスとは異なる有効成分ですが、同等の利尿作用を持ちます。
副作用が出にくく安全性が高いというメリットを持っているため、むくみに悩んでいる人に最適です。

▶ラシックス通販のおすすめ代替薬についてはコチラ